International Communication Institude
ICIについて
ICIについて
トップ > ICIについて
ICIのミッション
国際化のお手伝い
日本がかつて経験した明治維新という名の西洋化も、大戦後のアメリカ化も、一つの国際化ではあり、大きな精神文化革命ではありました。でも、それは、日本が一方的に欧米文化を摂取するという一方通行のもので、日本人としては得意の受身の付き合いでよかったのです。

しかし、いま求められている国際化は双方向の付き合いです。卑下もせず威張りもせず、聞くべきは聞いて言うべきは言って、ごくフツウに付き合うことです。
ところが、これが従来、どうも日本人には苦手のようです。そのお手伝いをしたいというのがICIのミッションの一つです。
ICIのミッション
地球の未来のお手伝い
いま世界は地球的規模でさまざまな問題が露呈し始め、歴史的な一大転換期にあるように見えます。
これからの世界の在りようを考えるうえで、日本文明の基本にある「共生」という思想の果たすべき役割がありそうです。
ICIでは世界的規模で日本語の普及にも微力を尽くしています。これはとりもなおさず、日本的価値観の普及というICIのもう一つの大切なミッションです。
推薦の言葉
ここにICIをご紹介できることは、私の大いに喜びとするところです。
山内繁勝君との交遊は、一橋大学時代にまで遡ります。

同君と路江さんご夫妻は、日本と諸外国とのコミュニケーションという意義ある仕事に打ち込んでおられます。
両君はすべてにおいて質の高いものを提供しようと精魂を込めており、日本とのコミュニケーションという難しい作業を持ち前の温かさと思いやりによって、きっと楽しいものにしてくれることでしょう。
ICIのミッションオーストラリア国立大学
名誉教授ピーター・
ドライスデール